bonnouzi-1
煩悩寺プロレスの蔭山に挑みかかる女子レスラー井上リオナ
時には圧倒的な強さで、時には卑怯な反則行為で、挑戦してきた女子プロレスラーを薙ぎ倒し、制裁として凌辱し犯してきた煩悩寺プロレス。その非道な悪行も業界に知れ渡り、最近では挑戦者もめっきり減っていた。そんな中で突如現れた挑戦者の井上リオナ。ケタ違いの強さであっという間に手下どもを蹴散らしてしまう。彼女が今までの挑戦者と違った点、それは女の彼女が逆に手下男を犯してしまった事だ。今までも煩悩寺のレスラーにお色気攻撃を仕掛けてきた女はたくさんいた。しかし煩悩寺のレスラーを散々痛めつけ、脱がせてイかせるまでしでかしたヤツがかつていただろうか。煩悩寺に恐るべき超A級の難敵現る!
bonnouzi-2
煩悩寺の手下達はいつも口先だけで、必ず呆気なく倒されてしまう(汗
bonnouzi-3
弱い奴はヤられて当然。そうか…ならば貴様がヤられても何ら問題ないな!
bonnouzi-4
エロ攻めエロ受けダブル展開のプロレスセックス。

 


煩悩寺 Wセックスリング9

(アキバBV動画配信ページ)

● 出演者:井上リオナ
● 身長:156cm B83 W59 H86
● メーカー:煩悩寺
● 収録時間:48分
 

MIXプロレス作品情報

 
煩悩寺の蔭山を倒すことだけを目的とし、執念を燃やしてきた女子レスラー井上リオナ。彼女が今までの挑戦者と違った点、それは普通なら女子レスラーが辱めを受け犯されてしまう所を、女が逆に手下の男どもをレイプしてしまった事だった。煩悩寺プロレスのしきたりに従えば、敗者はヤられて当たり前、屈辱を受けて当然なのだ。
資金繰り難で、銀行回りをしながら手形割引の申し込みから戻った煩悩寺・代表蔭山を待っていたのは、リング上で手下を椅子にして座っていた女子レスラー井上リオナだった。使えない手下の代わりに自分が蔭山の相手になると言う。勿論、煩悩寺プロレスのルールに従って。彼女の自信は相当なものだった。
手下を倒した得意技で責める井上リオナだったが、これももはや煩悩寺のお得意の流れ。とどめを刺しにかかる技をいとも簡単にひっくり返し、やられた以上の技を返し彼女を絶望の淵に追い込んでいく。そしていつもの宴が始まる。井上リオナは一度のリングで攻めと受けをダブルで経験する事となった。