身の程を知らずな女子レスラーを凌辱して煩悩寺の怖さを知らしめる。
今まで煩悩寺エロプロレスに敗れ去った多数の名も無き女子レスラーたち。秘蔵のコレクションの中から2人を選び出し1本のオムニバス動画に集約した。今回選び出されたのはvol.1以来の身体がしなやか軟体レスラー2人をチョイス。女の名前は真辺ひろのと遠藤あいこ。既に軟体レスラーとの対戦を何度も経験している煩悩寺レスラーにとっては、いかにその軟体を軋ませ痛めつけるかに興味が向くようだった。必要以上に身体を曲げさせられ悲鳴を上げ犯される女子レスラーたちの苦悶の表情は見ものである。

赤いコスチュームは遠藤あいこ。アキバスクールメイツ動画にも登場していた軟体の女の子なので開脚責めもOKだ。

2人目は多分だが、くすぐり動画で見た真辺ひろの。

反った背中の角度が美しい。バック突きが映える女子レスラーですね。

 


煩悩寺 ドミネーションレイプ制裁 Vol.5

(アキバBV動画配信ページ)

● 遠藤あいこ:154cm B82 W58 H83
● 真辺ひろの:161cm B84 W58 H87
● メーカー:煩悩寺
● 収録時間:51分
 

MIXプロレス作品情報

 

多くの女子レスラーたちを無残にマットに沈めてきた煩悩寺。その数は当然今までリリースしてきた数と同じではない。もっと多くの様々な女子レスラー達が煩悩寺に挑み、そして敗れた。敗者は例外なくリング上で犯され打ち捨てられた。
一人目は遠藤あいこ…なぜお蔵入りされていたのか不思議なほどの掘り出し物。手下こそあっさり倒すものの蔭山には全く歯が立たず屈服してしまう遠藤あいこ。その軟体を愉しむように犯され肉棒を突き込まれてしまう。ルックスは申し分ない美女レスラーだったが、実力不足で本編への登場には若干パワーが足りなかった。
二人目は真辺ひろの…卑怯にも蔭山の背後から不意打ちをしかけ、一気呵成に勝負を決めようとするも打撃力不足で相手に大きなダメージも残せぬまま、あっさりと逆転を許してしまう。軟体が売りのレスラーらしいが、試合では大した見せ場も作れず、ただ犯され尽くすのみの凌辱プロレス。この後は所属団体にも戻らず二度とプロレスのリングに上がる事はなかった。