試合は試合の体を成さず、とにかく女だけがプロレスセックスで犯される
幼顔でキュート系の逢沢るると、大人びた色香の漂う夏海花凛の女子シングルマッチ戦。ファイティングガールズにも出場経験のある実力派の二人が、B-1レズトーナメントの前哨戦としてそれぞれ男性セコンドのついたリングで激突する。当然この試合でも相手を打ちのめして絶対に勝利を掴みたい。そのためにはどんな卑怯な手段を用いても勝とうと企んでいる者がいる。腹黒い女の野望と卑劣極まる試合の果てに、敗者のセコンドが乱入し、悪徳レフェリーが便乗する酒池肉林の世界。せっかくの才能を開花させた選手をこんなに追い詰めるなんて…まさに外道!
wrestling-237
青のコスチュームが夏海花凛、赤コスが逢沢るる。ルックス対決はほぼ互角だ!
wrestling-238
正々堂々と戦うはずが卑怯なセコンドの乱入、公平なはずのレフェリーの裏切り…。
wrestling-239
理不尽すぎる服従のドミネーション、ボロボロになっていく二人の女子レスラー。
wrestling-240

 


理不尽プロレスVol.01

(アキバBV動画配信ページ)

● 夏海花凛:160cm B88 W60 H89
● 逢沢るる:156cm B85 W60 H88
● メーカー:バトル
● 収録時間:50分
 

MIXプロレス作品情報

 
次回開催されるB-1レズトーナメントの前哨戦として女子シングル・プロレスの試合を行うことになった逢沢るると夏海花凛のライバル対決。夏海は試合序盤から逢沢に猛攻を浴びせ終始優位にリードしながら試合を組み立てる。しかし、そこに逢沢るるのセコンドが卑怯にも乱入しきた。だがレフェリーはその反則行動を知らぬ顔して黙殺し、夏海花凛は一方的に打ちのめされ敗北を喫してしまう。
だが試合はそれで終わらず、今度は怒り狂った夏海花凛のセコンドが文句をつけて乱入すると逢沢るるに襲いかかっていく。逢沢のみならず夏海もそれに便乗したレフェリーによってコスチュームも剥ぎ取られて無理やり犯され、二人の女子レスラーが無残な姿をリングに横たえることとなる。これは単純なる暴力の世界。結局は二人の女子レスラーのみが損をする理不尽なドミネーションエロプロレス。理不尽な行為の連続無限ループ。正当性など微塵もない!