真田みづ稀のMIXプロレス
3か月前、名前がまだ真田美樹だった頃、ラブリーポップスの後輩、市橋えりなとプロレスで対戦。そのときは市橋が正式なリンクコスチュームを着用していたのに、先輩の真田美樹は、バトル経営陣の意向でトップレスという屈辱的な試合を組まれた。挙げ句の果てに市橋の反則攻撃を受けて敗戦。しかし、その一か月後にトップレスでボクシング対決をし、今度は勝利して見事にリベンジを果たした。これでバトルの習慣に依れば、これで真田美樹はトップレス卒業するはずだった…。しかし言葉巧みに理不尽な理由を突き付けられ、そして彼女のお人よしな性格から、トップレス続行を余儀なくされてしまう。

初の混合プロレス試合にトップレスでリングに上がる真田みづ稀。

体格に恵まれた彼女は、男子レスラーを相手に互角に渡り合う。

おっぱいを揉まれるエロ攻撃に思わず怯んでしまう女子レスラー。

 


真田みづ稀のトップレスMIXプロレス〜トップレス女子ファイタースーパー列伝〜

(アキバBV動画配信ページ)

● 出演者:真田みづ稀
● 身長:166cm B93 W60 H90
● メーカー:バトル
● 収録時間:60分
 

MIXプロレス作品情報

 

ラブリーポップスを卒業し、現在は名前を「真田みづ稀」に変えた女子レスラーの真田選手。今度のプロレス試合は屈強な男子レスラーに挑む初めてのミックス戦であった。高身長でスタイル抜群、ほどよく引き締まった体型、格闘家としての資質に恵まれた彼女の立ち姿は決して男子に劣るものでない。しかも美巨乳なので、やはり良い意味でトップレスが似合ってしまう。
だが彼女は、一刻も早いトップレス卒業を夢見ている。そして正統派プロレスラーに転身してB-1トーナメント出場を目指しているという。その運動神経の良さで数々のハイレベルな技を習得した真田みづ稀選手なら堂々と男子選手と渡り合い、得意のブレーンバスターから勝利を収めることも可能であろう。
しかし、こんな素敵な裸体を拝めなくなるのは勿体ない気がする。バトル経営陣が真田みづ稀選手のトップレスにこだわる理由も理解できる気がする。そう簡単にこの試合を勝利で飾らせる訳にはいかないのだ。一生懸命な彼女には悪いが、ここは男子選手に頑張ってもらうしかない!

 

 

タグ
  • トラックバック