私が煩悩寺プロレスの蔭山さんをぶっ潰します。
何やら重大発表があるとかで私服姿で記者会見に現れた人気女優の本山茉莉。常に優しげな表情で場を和ませながら彼女の口から出た言葉に誰もが耳を疑った。「煩悩寺プロレスの蔭山を倒す…」アダルト女優の本山茉莉が本格的にトレーニングを積んで煩悩寺プロレス打倒に名乗りを上げた。確かに過去のスポーツ経験から身体能力には恵まれ、打撃と蹴りに関しては特に自信を持っているようだった。今まで多くの同業者の犠牲が出ている危険な煩悩寺プロレスへの挑戦…。絶対無理という声が多い中で、それでも彼女を突き動かしたのは一体何なのだろうか。


肉感あるエロい身体を武器に攻勢を仕掛ける本山茉莉。

しかし2対1の卑怯な反則のまえに抵抗できなくなってしまう。
本山茉莉プロレス
敗れた女子レスラーの超肉感ボディはまさにご馳走、悲鳴は極上のスパイス。

 


本山茉莉が煩悩寺に挑戦!

(アキバBV動画配信ページ)

● 出演者:本山茉莉
● 身長:150cm B84 W58 H86
● メーカー:煩悩寺
● 収録時間:50分
 

MIXプロレス作品情報

 
煩悩寺のリングには、いつも通り手下が待ち構えていた。本山茉莉は持ち前の肉感ボディを活かし窒息責めで鎧袖一触に手下レスラーをリングに沈めた。するとそこへ代表の蔭山が登場する。本山茉莉の本当の闘いが今始まる。
序盤はパワーで圧す蔭山の前に苦戦を強いられる本山茉莉。しかしフットワークを活かして何とか攻撃をかわして切り返すと自慢の蹴りを連打を浴びせる。そのまま必殺技を繰り出して蔭山を追い詰める。立ち上がろうとする蔭山に最期の一撃を食らわそうと、ロープへ駆け寄った所をいつの間にか復活していた手下ががっちりホールドして彼女の自由を奪う。
「こんなの反則よ!」その言葉は煩悩寺プロレスにとっては褒め言葉、卑怯な振る舞いこそ真骨頂。その後は蔭山にあらん限りの技をお見舞いされ徹底的に痛めつけられてしまう。敗者に待つのは試合前の宣言通りのプロレス凌辱。むっちりした身体を活かして戦うはずが、そのエロい身体は男を興奮させる格好の餌食であった。