弱いくせに身の程知らない女子レスラーに煩悩寺プロレスの怖さを知らしめる。
京都にある極悪エロプロレス団体の煩悩寺。数々の女子プロレスラーたちが名を挙げるため煩悩寺打倒に挑み、そして敗れた。無残に葬られてきた名も無き女子レスラーたちの中から、何かしら光るものを持っていた2人を選び出し1本の動画に集約。ただのドミネーションエロプロレスではない新たな可能性を示す映像である。敗れた彼女たちは例外なく肉棒を突き込まれ無理やり犯されリングに打ち捨てられた。その後は所属団体に戻る事も、2度とリングに上がる事もなかったという。

1人目はスクールメイツで見たことある芦川芽依だと思う。

2人目も綺麗な女優さん、イニシャルから考えても通野未帆だ。

美女レスラー2人がいたぶられる混合エロプロレス。

 


煩悩寺 ドミネーションレイプ制裁 Vol.7

(アキバBV動画配信ページ)

● 芦川芽依:169cm B86 W60 H86
● 通野未帆:160cm B87 W59 H85
● メーカー:煩悩寺
● 収録時間:59分
 

MIXプロレス情報

 
第7弾作で選ばれたのは華麗な美女レスラーの2人。負けっぷりが共通していた2人を選んでみた。意気込んで煩悩寺に挑戦してきた彼女達だったが、ひ弱な女子プロレスラーにとって蔭山のパワーに全く歯がたたず敗れてしまう。全部脱がすことなく卑猥に犯され、最後にはあられもない姿でリングに打ち捨てられる。

一人目 M.A(通野未帆)
長身で格闘家としての体格に恵まれ、手下を軽く一蹴する実力と自信は持っていたようだ。本編に採用されなかった理由は今となっては不明。単純な実力不足か、呆れるほど止まる事のない叫び声・喘ぎ声のせいか。抜群のスタイルで見栄えが良いので男受けする選手であったのかもしれない。

二人目 M.T(芦川芽依)
派手な朱色のハイレグレオタードで煩悩寺へ挑んだ彼女だったが、屈強な蔭山と戦うには身体の線が細く非力過ぎて全く相手にならなかった。蔭山のオレンジパンツと色が被ったせい?などという事はないと思うが、その容姿や敗北した後に犯されていく様は本編へ採用されてもおかしくない逸品である。